どういう地域に住んでいるかで男性が利用する風俗のお店は決まる

SITEMAP

猫耳カチューシャをつけた女性

人の集まるところに風俗あり

セクシーな赤い下着の女性

風俗街というのは、人の数によって規模が変わるといってもいいかもしれません。たとえば駅の利用人数などです。大規模な駅には大量の人が行き来しますから、そこには飲食店などもできてきて、街としての規模も大きくなっていくというわけです。そうなると人がとどまる時間が長くなり、風俗店の数も増えていきます。やはり飲み屋が多いと風俗店の収益の見込みも立ちますから、相乗効果が生まれて増えていくわけです。
特に質の高い風俗街が生まれるためには、女の子の流れも大切です。おしゃれな街として知られているところなら、通りかかる女の子の質が高くなっていきます。また新宿歌舞伎町のようなところなら、飲み屋に通うという以外にも、ホストのところへ通いたいという女性がいたりするという下地もあります。そこからの発展です。
もちろん吉原のように江戸から有名という長い風俗街も、女の子の流れがあるので大きな風俗街ができていきます。ただもちろん例外もあって、駅が外側に発展していくというよりは、新幹線などの乗換駅として使われるような、本当にその駅周辺だけの発展で、生活の臭いが薄い街などは風俗街としてはあまり大きなものにはなっていきにくくなるでしょう。

注目記事

2017年01月11日
風俗店選びで風俗嬢の数に着目を更新しました。
2017年01月11日
人の集まるところに風俗ありを更新しました。
2017年01月11日
大阪の谷町九丁目の風俗店についてを更新しました。
2017年01月11日
良い風俗店を探す時に雑誌がおすすめの理由を更新しました。
トップに戻る